Cibimokumokuの日記

お家を建て替えるまでの夢と現実と紆余曲折

新海誠監督の『天気の子』を観てきたこととか

こんなこと云うと、

怒られると思うんだけど、

新海誠

細田守

押井守

区別がつきません。

さーせん。

f:id:Cibimokumoku:20190824005014p:image

 

―――♦︎♥︎♦︎―――――♦︎♥︎♦︎―――――♦︎♥︎♦︎―――

 

大ヒット上映中の『天気の子』を観に行きました〜。

 

ええと。

 

7/24にひとりで。

 

8/3にケンケンと。

 

8/21にひとりで。

 

 

ガッツリはまってるじゃん。

(でも、監督の区別はハッキリしません)

 

よく言われるけど、新海誠監督の光の表現は惚れ惚れする。30秒のCMでも、お? と思うのは新海誠作品だったりね。(ならば、区別はついてるのか…?)

 

小学生の頃から近視で眼鏡を使ってて、大人になったら近視とは別の理由で見えづらくなったりしてるので、繊細な違いまで見えてないのかもしれないけど、

それでも綺麗なもんはきれい。

全編とおして雨が降り続くなかの、僅かな晴れの描写が、そのつど美しかったんですよ。こんどは晴れるシーンだけに注目して観るのもいいかも。

 

ありきたりな感想なんですが、様々な選択肢の中から、おそらく彼らにとっての最善のルートを選んだ末のラストシーンにグッときた。ベテラン刑事が言うところの、“人生を棒に振ってしまった”高校生が、それでも誰かのために走るってシチュエーションは、四半世紀も前に青春時代をボンヤリ過ごしていた年代には眩しすぎる。若いって素晴らしいよね。っていうか、帆高!行け!

あと、RADWIMPSの曲があってこそのクライマックスで、終盤はこれでもか!と泣かせにくる。全編RADのMVじゃんていう評もあるけど、MV上等。音楽と映像の相乗効果スゲえ。

とりあえず、ハンカチかタオルは持参でお願いします。泣くと鼻水がでるので、ティッシュも持っとけ。涙ぐらいなら可愛いけど、手で鼻水を拭ってるの、暗い中でもよくわかるんだよね。ハンカチやタオルで拭うのもバッチいぞ。と、おばちゃん気になっちゃって映画に集中できないから、ご協力?お願いします。

 

キーパーソンなのかもしれない須賀さんは、一般ピープルだからこそちょっとだけ良い人で、いい人なんだけど、ここぞの時にはすごく利己主義的なのもリアルだった。いい歳こいた大人が、世界を変えたー、だの訳わかんないこと言ってるガキに振り回されるわけにいかないんだよ。自分の生活がイチバンだし、皆んなそうでしょ。(そうだよね)

でも、ちょいちょい(本人は意図せず)主人公を精神的にすくい上げてるし、奥さんも娘も大好きだし。いろいろ考察しがいのある人ですね。

 

モブまでちゃんとその人の人間関係があって、生活があって、考えがあって、好みがあってって細かく描写してて、気づくたびにニヤッとする。繊細な映像だけじゃなく、登場している端役ひとりひとりが、カメラが記録していない時も、それぞれ生きてるのねー。て描きかた、たまらん。

 

ヒットしてるアニメなんか観に行くの、ちょっとな。どーかな。と思ってる大人の人には、ぜひ劇場で鑑賞するのをお勧めしたいな、と思います。できればいい機材を使ってるところで。

夕方割、レイトショー、ナイトショー、夫婦50割とかいろいろあるし、遅めの回は空いてることが多いからねー。

あと、新宿とか池袋、渋谷あたりの映画館で観ると、鑑賞後にプチ聖地巡礼が楽しめるかもしれません。(聖地巡礼は、近隣の方のご迷惑とならないよう、節度を持ってお願いします。)

オススメは池袋かなー。終盤の、モゴモゴモゴ〜のあたり。 あっっ!ここさっき見た!てなるから。

 

8/22は、ヒロインの陽菜ちゃんの誕生日(劇中にて言及)なんですよね〜(^-^)

f:id:Cibimokumoku:20190823233810j:image

(画像は公式HPより借用)

その日に合わせたかのように観客動員数750万人、興行収入100億円突破の報がもたらされました。

公式が流したTweetをスクショしたので貼ってみますけど、

うん。

すごいね。

 

f:id:Cibimokumoku:20190823233956j:image
f:id:Cibimokumoku:20190824003045j:image

 

 

 

そうだ、工務店さんで建てよう

こんなこと、言ってもどうにもならないんだけど、

夏休み明けって、だるい。

f:id:Cibimokumoku:20190819124718p:image

 

―――♦︎♥︎♦︎―――――♦︎♥︎♦︎―――――♦︎♥︎♦︎―――

 

さてさて、見学会に参加して、

ここに頼んでみようかな。

ここならどんなものが建てられるかな。

と感じたら、個別にお話をお聞きすることになります。

 

先日の見学会で、打ち合わせの日程を打診したところ、土曜日の17:30〜ではどうでしょう。と提案がありました。

 

どうしよう。

 

わたしの個人的な印象なんですが、自分自身の就業時間が8:30〜17:30なんで、17:30〜って、「残業」の時間帯なんですよね。や、先方からの提案なので、もちろん業務時間内ではあるんでしょうけど。

日中に現場に行ったり、他のお客さんと打ち合わせをこなしたあと、17:30〜が最後の面談だとすると、最終回って疲れてるんじゃないかな。と思うんですけど…。

どうなんでしょうね。

 

と、躊躇してリスケをお願いしたら、今度は9:30〜のご提案がありました。

そしてこの日程だと、設計士さんは同席せず、営業さんが対応してくださるとのこと。

 

ムムム。

悩ましい。できたらあと1時間後の10:30からにして欲しいっ!!

けど、ま、いっか…。

あとでケンケンに早起きしてねって言っておかなきゃ(めんどう)

 

てことで、次回はM社と初めての打ち合わせの予定です。

 

 

 

 

2019年の盆休み旅! 【3日目・終】

あのね。

昨日に続いて今日の宿も、シャンプー・コンディショナー・ボディソープが MIKIMOTO COSMETICS なんだよ(*´꒳`*)

f:id:Cibimokumoku:20190816164904p:image

サラサラ〜。

ツヤツヤ〜。

すべすべ〜。

 

―――♦︎♥︎♦︎―――――♦︎♥︎♦︎―――――♦︎♥︎♦︎―――

 

今朝は雨より風が強いみたい。足に影響が出ないといいな…。と思っていたけど、遠くから防災無線が聞こえてきました。途切れ切れに「…運転を…見合わせて…」という不吉なワードが耳に入ったので、交通各社のHPを漁ったら、どうも倒木で運転見合わせ区間があるらしい。

f:id:Cibimokumoku:20190816073429j:image

バスでの代替輸送はあるけど、きっと混むよね〜。復旧状況次第で今日の予定を考えようっと。

 

で、ちょっとゆっくりめの8:30〜朝ごはんmgmg

f:id:Cibimokumoku:20190816094506j:image

このあとヨーグルトとコーヒーが出ました。

アジの干物。おいしい、おいしい。

 

10:00前にふたたび防災無線箱根登山鉄道が運転再開した案内があってホッとした。強風は続いていて、芦ノ湖の海賊船、遊覧船は運航を見合わせ。

時間いっぱいお部屋を使わせてもらってから、箱根関所跡の先、箱根町港の畔屋(ほとりや)さんまで送ってもらいます(*´∀︎人)ありがとうございます♪︎

お土産を買い、バス!

大きい荷物を宿で送っちゃったので身軽です。

国道1号線の山道は、折からの強風に加えて車道にまで靄が立ち込めて見通しが良くなかったのでそこはかとなくスリリングでしたが、無事に宮ノ下温泉のバス停で降りました。このさき箱根湯本駅までは渋滞が始まってるそう。

Cibi一行はお気に入りのカフェドモトナミさんへ。

https://motonami.com/

元はバスの待合所だった建物をリノベーションしてカフェにしたお店です。息子らが小さいときは、ここの二階にあるハンモックでゆらゆらするのがお気に入りでした。

小豆とソフトクリーム(¥470)は、甘さ控えめの小豆とさっぱりソフトクリームの組み合わせ。

f:id:Cibimokumoku:20190816165053j:image

一息ついたらカフェ向かいの川辺光栄堂さんで鉱泉煎餅を、

f:id:Cibimokumoku:20190816180423j:image

坂を登って渡邊ベーカリーの梅干しあんぱんを

f:id:Cibimokumoku:20190816180444j:image

それぞれサクッとお留守番の息子ズに買い求め、さらにサクサク坂を登ります。

目当ては、アジ丼で有名な「寿司みやふじ」さん

f:id:Cibimokumoku:20190816151759j:image

13時ちょっと前に着いたんですが、待たずにカウンターに通されました。

f:id:Cibimokumoku:20190816151832j:image

本日のおすすめ寿司は、トロたく巻き一本に握り6個が付いて、税込2,268円。

みやふじさんのトロたく巻き、いつ食べても美味しい。大好き〜。

店内は親父さんが10.5mmサイズのミニミニ折り紙の折り鶴で作った立体の作品や、額絵などがいくつも飾ってあります。カウンター奥の戸棚がお魚の形にくり抜いてあったりして、これまた目に楽しい。

お寿司はもちろん美味しいし、ご馳走さまのご挨拶をすると、親父さんも女将さんも、必ず目を合わせてにっこり笑顔で『いってらっしゃい』と送り出してくれるのが嬉しいです。

ちょうおススメなので、機会があれば、ぜひ。

 

箱根ホテル前のバス停まで下りてバス待ち。ちなみに、箱根ホテルは2020年7月の改装オープンに向けて工事中です。写真は撮りませんでしたが、ベーカリーのピコットは営業していましたよ。


f:id:Cibimokumoku:20190816152657j:image

f:id:Cibimokumoku:20190816152653j:image

 

遅れているかと心配していたバスは、概ね時刻表どおりに到着。しっかり座りました。宮ノ下駅を過ぎて湯本までは警告されたとおり渋滞。とはいえ、びた1メートルも動かないわけではなく。…まぁ、観光シーズンによくある程度だったかな。

 

今年は強羅の大文字焼きと花火大会は8/16。でも台風10号の影響で、前夜祭は中止になったらしい。だから今日は人が少なめだったのかも。

f:id:Cibimokumoku:20190816171221j:image

今夜の本番は決行するみたいですね。

行かれる方〜。

たのしんで〜( ^ω^ )

 

小田原駅について、ちゃっちゃとお土産を買い足し。帰りも適当に到着した快速?に乗り込みます。

横浜で乗り換え。

崎陽軒さんのスタンドを見つけて、話題のシウマイ弁当とチャーハン弁当を取り混ぜ5個げっと。今日の夜ごはんもラクラクです。

どの路線でも横浜駅には改札の中に崎陽軒さんの売店があるの、すごいよねー。

電車内で、チラチラ(不買運動への対抗勢力か…?)という視線を感じつつ地元へ戻りました。ご期待に添えず恐縮ですが、話題に刺激されて食べたくなっただけです。小市民なもので…。

 

はああ。

疲れた〜。

楽しかった〜。

おいしかった〜。

 

あした戻ってくる洗濯物を片付ける英気を養うため、今日は早く休みます。

これにてCibi家の旅行記録は終了です。

 

(*´∀︎人)ありがとうございます♪︎

 

(*´∀︎人)ありがとうございます♪︎

 

またへなちょこ旅に出たら、役に立つんだか立たないんだかわからないことを書き散らしますね。どうぞヨロシク。

 

 

2019年の盆休み旅! 【2日目】

やー。

よく降ったねー。しかも朝になってもまだ降ってる。

止みそうになったと喜んだら、また強くなる。

f:id:Cibimokumoku:20190814232147p:image

旅先の雨は、ちょっと困るよね…。

晴れ男のケンケンがいるはずなんだけどなぁ。

 

―――♦︎♥︎♦︎―――――♦︎♥︎♦︎―――――♦︎♥︎♦︎―――

 

朝ごはん

f:id:Cibimokumoku:20190815173851j:image

と、デザート。

f:id:Cibimokumoku:20190815173907j:image

 。≠︎( ̄〜 ̄ )モグモグモグモグモグ

 

ふー。朝からまんぷく

 

実はCibi家には、もう7、8年ほど通っている旅館があります。

場所が初日に泊まった宿の近くなので、荷物だけ置いてチェックインまでは出歩こうと思っていたんです。三島に鰻を食べに行きたいんですよ〜。(๑˃̵ᴗ˂̵)

でも、雨が弱まりませぬ。なんなら土砂降りと言ってもいいくらいでたいそう困ったんだけど、出かけようと思ってた頃合いで明るくなり小雨に。大きな荷物はまとめて今夜の宿(1日目の宿の系列店)に届けていただけることになったので身軽におでかけ。よきよき。

バス!バスです!座れちゃえば楽なことこの上なし。スイスイ流れてると思いきや、三嶋大社に近づくにつれて渋滞が…。

 

その訳は…。

ジャーン!

f:id:Cibimokumoku:20190815114845j:image

今日から三嶋大祭りが始まるのだって。

 

大社の大鳥居前の通りは、両側に屋台がズラリ。14:30からは歩行者天国になるそうですよ。お祭りたのしー

 

帰りのバスはどうなるかと危ぶんだけど、どうやら歩行者天国になるあたりは迂回するらしく、特に問題なさそう。

11:50頃に終点の三島駅前に到着。時々お天気雨みたいなのが降ってきます。

で、

わざわざ三島まで来た目的。

ウ・ナ・ギ!

 

ケンケンにお任せしていたので、どこに行くかは知りません。

こっちの「むさし」さんかな?

f:id:Cibimokumoku:20190815135353j:image

と思いきや、

「坂東」さんに吸い込まれるケンケン。

f:id:Cibimokumoku:20190815135619j:image

http://www.unagi-bandou.com/menu/

エレベーターで2階へご案内〜。2018年6月に開店したお店で、すごくきれいな店内です。先客はご夫婦とおぼしき2人だけ。正午過ぎの駅前の店舗とは思えない様子。お祭りの影響とは思えないので、まだ新しいからかなと思います。立地も施設も味も良いので、数年すると人気店になるんじゃないかな。

息子とCibiは鰻重の梅(3/4匹)、ケンケンは桜(1匹)を注文しました。さほど待たずに提供された鰻重は、肝吸いとお新香付き。

ウナギは皮がパリパリ香ばしく、タレも甘すぎないさっぱり系でした。朝ごはんたっぷり食べたけど、美味しくてパクパク完食しちゃいました。

梅(3,400円+税)

f:id:Cibimokumoku:20190815140104j:image

桜(3,900円+税)

f:id:Cibimokumoku:20190815140112j:image

 

お店が新しく広々としてきれいです。大型のスーツケースを持っていてもwelcome!を表明していて好感度が高い。そのうえトイレまで凄かったです。なんと、トイレ業界の雄、TOTOの最高級トイレ、ネオレスト様(たぶん)なの。近づいたら自動でフタが開いて、おろおろしつつピンと来た。これ、@mashley1203さんちのオサレトイレとおんなしやつじゃん…。(さすがに2日連続で引用しないよ)スマホを席に置いてきちゃったので写真撮れなかったのが残念。

 

食後に屋台が並ぶ通りをぶらぶら冷やかしつつ三嶋大社さまへ。町ごとに山車が設えてあって、子どもや大人がお囃子の練習ちゅう。暑い中お疲れ様。14:30が出発だから、ずっと待ってるんだろうな…。具合悪くならないように、ほどほどにがんばれ〜。

三嶋大社さまでお参りのあと、息子の合格祈願のお守りをいただきました。受験がんばれ〜。

 

途中でちょこちょこ降ったり止んだりするなかを駅まで戻り、駅前のパン屋さんのカフェスペースで小休憩。バスの出発時刻まで時間調整したら、始発に乗っていざ宿へ。およそ60分で元箱根港に着きます。

バスだとポケモンGOで時間つぶしたりするんだけど、あんまり停車しないのでなかなか難しかったよ。でも、虹が出てたのでスクショ。

f:id:Cibimokumoku:20190815174549j:image

 

さてさて、今日のお宿は終点の元箱根港のバス停からは歩いてすぐ。

華の宿華の宿 ふくやさん。

http://www.hakone-fukuya.com/

今年も帰ってきました。よろしくお願いいたします。

ウェルカムドリンクに白ワインか抹茶をセレクトできるそうですよ、奥さん。ですが下戸&未成年のCibi一行は「抹茶」一択。入港する海賊船が正面に見えるカウンターでいただきます。条件が良ければ逆さ富士も見えるんですよ。毎回そう聞くけど、一度も見たことないんだよねー。

お部屋でお茶とお菓子をいただきます。ここで出してくれる夏蜜柑ゼリー、美味しくて好き。

f:id:Cibimokumoku:20190815193256j:image

 

夕食まではお部屋でゆったり。

ケンケンたち男子組はお風呂へ行ったあと、Cibiは部屋のロッキングチェアでユラユラうとうと。

f:id:Cibimokumoku:20190815194643p:image(イメージです)

…シアワセ。

 

さて、きょうも懐石ですよ。

f:id:Cibimokumoku:20190815194737j:image
f:id:Cibimokumoku:20190815194754j:image
f:id:Cibimokumoku:20190815194758j:image
f:id:Cibimokumoku:20190815194809j:image
f:id:Cibimokumoku:20190815194802j:image
f:id:Cibimokumoku:20190815194805j:image
f:id:Cibimokumoku:20190815194734j:image
f:id:Cibimokumoku:20190815194742j:image
f:id:Cibimokumoku:20190815194749j:image
f:id:Cibimokumoku:20190815194745j:image

いつもは2時間くらいかかるけど、きょうはものすごい駆け足でサーヴされて、ものの1時間で食べ終わってしまいました。なんで?

美味しかったんですけどね。

 

今晩も、大きめの雨音が聞こえてきます。

テレビを見てると気象警報がピロピロ流れてきてます。

明日、晴れますように…。

f:id:Cibimokumoku:20190815200926p:image

 

 

 

 

 

2019年の盆休み旅! 【1日目】

あつあつ。

むしむし。

ぎらぎら。

…擬音がよく似合う季節ですね。

夏休みといえばラジオ体操だけど、いまや朝6時から気温28度とかで爽やかな風なんかそよともしないし、熱中症が心配になるくらい。

本日8/14、新潟では最高気温40度超を記録したそうで…。らいねんのオリパラ、本当にやるのん? と心配になるくらいの異常気象。

そのうえ大型の台風10号が接近して来て、山陽新幹線は早々に8/15の計画運休を発表しました。飛行機も、道路も、影響は大きそうです。

f:id:Cibimokumoku:20190814132533p:image

しかし、Cibi家の旅行はたいてい関東圏内の移動なので、今回も予定どおり旅に出ます。

 

遅ればせながら、このポストは旅の記録なんですけど、気づいたことぜんぶダラダラ書くので、楽しいことばかりじゃなかったりするかと思います。

いつもどおりたいしたこと書いてないので、「あ、これダメなやつ。」と感じたら、深追いせずにそーっと回れ右、してくださいませ。

では。

 

―――♦︎♥︎♦︎―――――♦︎♥︎♦︎―――――♦︎♥︎♦︎―――

 

毎年夏に訪れる箱根。

息子らが小さかった頃は、必ずロマンスカーの指定席を予約して、家から目的地まで一直線。寄り道とか思いもよらなかったけど、最近はてきとうな時間にフラッと出て、てきとうな電車でのんびり旅。すごくラク。下調べが足りなかったときは、街角で必死にネット検索するけどね…。

そんな感じで出かけた初日のランチは、ちょっと寄り道して横浜の中華街で。

いつも混んでる薬膳中華の「青葉」さん。12時過ぎた時間なのに外から空席が見える!! 前を行くOLさん2人に続き、サクッと入ってサクッと薬膳冷麺を頼んで、うまうまうまうま。。。

。≠︎( ̄〜 ̄ )モグモグモグモグモグf:id:Cibimokumoku:20190814130822j:image

息子は海鮮翡翠麺でした。具沢山〜。

f:id:Cibimokumoku:20190814130853j:imageきれいな緑色の麺は撮り忘れた(〃ω〃)

 

食事中にも窓の外ではちょいちょい雨が降ってました。外に出たとたんアマゾンも真っ青なくらいの蒸し暑さ。アマゾンに行ったことないけど。あんまりなので中華街を散策する気にならず、すぐ駅へ。

元町・中華街駅からFライナーで横浜駅へ。ジャストタイミングで快速アクティーに乗換えです。

特急料金なし。

座席指定券なし。

安上がり〜(*´∀︎人)ありがとうございます♪︎

ランチが軽めだったので、小田原駅で小休憩。

菜の花ムーンカフェでハンドドリップのコーヒーとチーズタルト。いっただっきま〜す。

チーズクリームふわふわ。表面はカリカリ。タルト生地はサクサク。甘さ控えめでうまうまでした。シアワセ(*´꒳`*)f:id:Cibimokumoku:20190814141338j:image

ケンケンは水出しアイスコーヒーをブラックで。ケンケンはたいていの店ではミルクを入れないアイスコーヒーが飲めないらしく、美味しさに打ち震えていたもようでした。

よかったね。

お客さんが増えてきたので写真は撮らなかったけど、テーブルと椅子とベンチ、無垢材じゃないかな。頭上にレイアウトしてある人体ぽいオブジェはイマイチだけど、食器類はシンプルなもので素敵〜。ジュースのグラスとお冷のグラスは@mashley1203さんが紹介してた、ボデガじゃなかろうか…。

https://www.mashley1203.com/entry/2019/03/13/063000

真偽を確定させたいので、帰りも小田原駅を通るならまた寄りたい。

水分補給してトイレにも行って、小田原からはバスで宿に向かいます。

毎年訪れているので、たいがいの気になるスポットには行ってるし、なにより観光するような気候じゃないよね。暑いのヤだし、歩くの嫌いだし、旅先で倒れないように、door-to-doorをとおす所存です。

 

小田原駅のバスロータリーは、伊豆箱根バス箱根登山鉄道バスがあるので、どのバス停で待てばいいのか、よくわからない。案内に立っている方も、自社の路線を推すだけ推して、ライバル会社の案内は最低限のスタンス。地域の発展のためには、競合している会社同士で協力した方がいいと思うけどね。フリーパスも出雲の縁結びパーフェクトチケットみたいに、地域の交通機関どれに乗ってもOKにしてくれるといいのに。って、かれこれ20年はグチグチしてるCibiであります。箱根の交通各社って、放っといても客は来るから、殿様商売なんじゃないのかな。

 

さておき。

今回はフリーパスを買わなかったので、どれに乗ってもだいじょうぶ。てきとうに、座れそうなのに乗りました。

死ぬほどデカいスーツケースを持った外国人旅行客がたくさん乗る中、Cibi家ともう1、2組くらいが日本人。一瞬、ここはどこ?と迷子になった心地。

それにしても、箱根のバス運転手さんのスキルが凄い。大型荷物の積込みはガンガンしてくれるし、観光案内だけじゃなくて、料金の案内するために英語ある程度しゃべれて理解できないとあかんし、運転するのはカーブだらけの山道で、ちょいちょい自転車のツーリングがいて危なっかしいし。箱根のバス運転手さんには基本給の他に、1回の乗務ごとに3千円くらい手当てを出してあげてほしいよ。

てなことを妄想しながら、バスに揺られること90分。山の中では「天気の子」を彷彿させる、でかい水の塊が一気に落下したような土砂降りにも遭ったけど、降りるときは小降りになってた。マジで良かった。助かった。水たまりに魚がピチピチしてないか、目を凝らして見ちゃったよ。

 

箱根ホテル前停留所から徒歩で3分。

匠の宿 佳松さんが今日の宿デス。贅沢〜。

ウェルカムドリンクに落雁が付きます。アイスコーヒーは飲めないので、お抹茶を選びました。

f:id:Cibimokumoku:20190814195639j:image

もともと5人で予約したので、お部屋ひろびろ。使いきれないくらいなので、はやばやとぜんぶのスペースを探検しました。

で、夜ご飯は京風懐石。一品ずつ供されます。全部の写真を撮ったつもりだったけど、一品だけ撮り忘れ。さて、何でしょう。

f:id:Cibimokumoku:20190814201944j:image

f:id:Cibimokumoku:20190814202026j:image
f:id:Cibimokumoku:20190814202044j:image
f:id:Cibimokumoku:20190814202048j:image
f:id:Cibimokumoku:20190814202033j:image
f:id:Cibimokumoku:20190814202014j:image
f:id:Cibimokumoku:20190814202030j:image
f:id:Cibimokumoku:20190814202053j:image
f:id:Cibimokumoku:20190814202021j:image
f:id:Cibimokumoku:20190814202017j:image

まんぷくまんぷく。撮り忘れは焼肴でした〜。

 

腹ごなしタイムとってからお風呂に行こう。

 

お部屋が3つあるので、お布団の敷き方でひと悩み。テレビのある部屋に一枚、次の間に二枚で敷いてもらいました。

おやすみなさーい。

明日は晴れて、過ごしやすい気温になりますように。(激しい雨音を聞きながら…)

f:id:Cibimokumoku:20190814203356p:image

 

 

迷子の迷子のCibimokumoku

Twitterだと、ツイートに返信があったり、引用ツイートがあるとすぐわかるし、お返事するとか、お返事がわりに返信にイイね!付けたりするよね。

はてなブログって、どうするのが正解なのか、ちょっとわからなくてオロオロしてます。

ブックマークの使い方もイマイチわからなくて。なんとなく使ってますけど、その方法が正解かどうかもわからないんですよね。

 

コメントの返信って、どうするといいの?

そんなにないと思うんだけど、なにか話しかけてくださってる方、いらっしゃいますか?(と聞いてみても、その反応がわからないかもしれませんが)

Cibiが反応しないことに、他意はありません。

対応のしかたがわからないだけで、決して、これっぽっちも、気に入らないとか、無視してるというわけじゃありませんから〜((((;゚Д゚)))))))

 

今後とも、よしなに…

f:id:Cibimokumoku:20190814211601p:image
f:id:Cibimokumoku:20190814211606p:image

そうだ、工務店さんで建てよう(17)〜見学会のあとで

世間は夏休みですね。Cibiの職場はいっせいの夏休みはなくて、みんな交替で休みを取ります。ケンケンがお盆に休むので、Cibiもそれに合わせて休暇をとって家族旅行するのがウチの慣例。

でも、新卒と大学一年生と中3がいる今年は、上2人に家族旅行をパスされました。3人だと小回りが利いていいんだけど、いよいよ親離れが加速している上2人の様子をながめて、ちょっぴりさみしい母です。

f:id:Cibimokumoku:20190812093215p:image

 

―――♦︎♥︎♦︎―――――♦︎♥︎♦︎―――――♦︎♥︎♦︎―――

 

2017年の夏から建て替えのための情報収集を始めて丸2年。数えてみたら、7社の現場(展示場を含む)を見て、6社の見学会に参加していました。棟数は22。

見学会に参加したあとの各社からのアプローチは様々ですが、やはりテレビでCMを流すようなHMさんはガンガン来る印象です。営業マンは自社製品を売るためのテクニックを日々磨いているわけですから、商品アピールのコツも蓄積されていますし、トークもぐいぐい来る。断るのにも疲れるってもんです。

洋服屋さんで声をかけられるのが苦手なCibiですので、こうしたアピールは避けて通りたいものの上位に来ます。流されて買っちゃったりしたら、洋服と違って家は気軽にタダで返品(契約解消)できないし。

予算的にも厳しいので、大手のHMさんには魔法の言葉『何かありましたら、こちらからご連絡しますので…(以下無言)』を何度か繰り返してご退散いただきました。いまは季節のご挨拶でDMが来る程度になってきました。めでたい。

 

工務店さん探しを始めたのは、HMで建てるにしても、実際に施工するのは中小の下請工務店さんや大工さんで、契約するHMは自分で選べても、施工する業者は選べないってことに遅ればせながら気づいてからです。

できれば誰が建てるかは知っていたいし、施工する職人さんを直接雇っているであろう地元の工務店さんに建ててもらった方が、コストダウンになると思ったのです。あと、最近お見かけしたブログで、HMの下請けをしている工務店さんのホンネ記事を読んで、自分の家は、大工さんや工務店さんで建てなきゃ。という想いを強くしています。

とーいちさんのこちらのポストです。

https://www.to-ichi.online/entry/2019/07/20/%E4%BD%8F%E5%AE%85%E6%A5%AD%E7%95%8C%E3%81%AE%E8%A3%8F%E5%81%B4%E3%82%92%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%81%AE%E4%B8%8B%E8%AB%8B%E3%81%91%E5%B7%A5%E5%8B%99%E5%BA%97

(相変わらずアプリからで、引用うまくできません)

 

地元の工務店さんは、小規模なこともあって営業を専門にやる人材を確保していない会社がほとんど。見学会で案内してくれるのは、社長さんだったり、建築士さんだったり、現場監督さんだったりさまざまです。大勢を前にしゃべることが少ないのか、説明があっちこっち跳んだり迷子になったり、聞かれないと説明されなかったり。という場面もありますが、そこで突っ込むかスルーするかはこちらの知識量や判断によるので、まぁ良しとしています。

正直に「わが社には営業マンがいないので、しつこい売り込みはいたしません(できません)」と表明している工務店さんもありました。

HPで適時に情報が更新されているならば、それで充分な気もします。

 

工務店さんで見学会に参加したあとの各社の対応は、

次回の見学会と仕様説明のための日程うかがいメールしてくれたのが一社。

お礼状(ハガキ)をくれたのが一社。

月イチのニュースレターを送ってくれているのが三社。

 

ニュースレターを送ってくれるうちの一社は、会社や施工力のアピールより社長の家族自慢、先代急逝からの跡継ぎ苦労談が強すぎて、早々に継続送付をお断りしました。セルロースファイバーを使ってるのに窓全開で完成見学会をしていた工務店さんです。いろいろ残念でしたね…。

また、もう一社は何だかビビビッと来て、頻繁にHPをチェックし、構造見学会、完成見学会、暮らし内覧会への参加を繰り返し、図面を引いて見積もりを出してもらうところまでお願いしていました。ただ、どうにも予算内に納まらずフェードアウトしつつあります。

次回の見学会の日程を連絡してくれた工務店さんは、メールの案内も何本かスルーして遠のいていました。こちらの様子を察知して引いてくれていたので、再度の連絡も気軽にできました。このときゴリゴリにアピールが続いていたら、もうこちらからは連絡しなかったと思います。

HPのフォームから資料請求のメールをしたら、○○区の現場にお越しいただいたのは一昨年でしたね。またご連絡いただきありがとうございます。ときた。すまんね。

自宅と同じくらいの広さで完成見学会の予定があったら教えて欲しいとお願いしてセッティングしてもらいましたが、設計士さんのアテンドを手配してくれました。

配布していた資料も改定したそうで、すぐに送りますとのこと。見学会のあとは、標準仕様の詳しいプレゼンテーションをやらせてくださいとのメールも届きました。

セールスも、相手の様子をよく見て、タイミングよく声かけするの、だいじですね。Cibiはちょうど迷子になっていたこともあり、ありがたく今回のM社さんの売り込みに乗らせていただくことにしました。

さてどう転ぶか…。